2019/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>


裏口入学'83 第四号です。
PDFはこちらからどうぞ UR-004.zip


2ページ目

来ましたDrokz!いまや大御所ですね。

他のエントリーでも触れましたがオランダのガバ番組でコーナー持ってたりと
昔から人気者のようです。

Drokz & Conabis - Bier EP


個人的な感想だと、DOMINATOR、MOHで会ったり、
Facebook等でやり取りさせてもらってますが、
オランダで唯一メインストリーム側と超アンダーグラウンドまで
行ったり来たり出来るタレントなのかなと。
かなり広い視野でシーンを見ていそうなイメージです。
生え馬の目を抜くオランダにおいて生き字引的な存在かなと。

名古屋メガミックスにも触れていますが
あそこはまったくもって魔境のような謎の在庫みたいですね。
僕はまだ一回も行けてません。
つい2、3年前に下の方で記事にしているDe Klootzakkenの新品未開封を
メガミックスで買ってプレゼントされたことがあります。

あと、大阪には過去にミサワランドというガバCD揃いまくりの謎のお店もあったとか。
たしか僕も一回行ったような行ってないような。


3ページ目

ハイパーリッチに褒められたってなんだろ…?
当時フライヤーに色々書いてあったりしたからそういうのかしら?
たしかレーベルオーナーがコラム的に何か書いてたような気がするので
恐らくそれかと。

広島のDJステップナー氏、日本初のガバ、ハードコアレーベル
HARDCORE BABYにも触れています。


4ページ目

フランスのフリーペーパーTNT紙からBUDO氏がインタビューを受けています。
世界各国の関係者に郵送で送りつけるというかなりの強者フリーペーパーでしたが
全編フランス語だったので内容を理解出来ていたのはごく一部かと笑。

たしか、実際にインタビューされた記事を転載した号があったはずなので
この件はまた別の時にでも。

昔のフランスのアンダーグラウンドは多種多様のレーベルがあって
(だいたいインダストリアルで実験的でしたが笑)
かなり活気があったのになんでいまあんなになったんでしょうか…?謎です。

僕もこの後にインタビューを受けたりしました。



5〜8ページ目

広告


9ページ目

タツジン氏のぉこぉこコラム。今回も怒っています。

※何度も言いますが10数年前の文章ですので現在の彼と同一人格だと思わないで下さい。


10ページ目

出ました、De Klootzakken!!!!
よくもまぁあのどんどんソフトになっていったオランダのあの時期に
こんなエクストリームなものを
MIDTAWNがディストリビュートしたものだなぁと関心してしまいます。

Dominee Dimitri (ach man) / De Klootzakken

エポックメイカーHooihouseのユニットです。
Hooihouseと言ってピンと来る方は少ないかと思うのですが
これ聞けばわかるっしょ?

euromasters-alles naar de klote

Hooihouseは黎明期に暴れるだけ暴れて消えてしまった印象。
今は何をしているんでしょうか?


11ページ目

コラム。
「TEAM DJ KURUYO ARMY」という言語センスが秀逸過ぎます。



第四号はこの辺で。

comment









trackback

無料ブログ作成サービス JUGEM
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.